片付けのプロを目指す「私の片付け物語12」

片付け家計管理であなたの暮らしを整える、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


片付けが苦手だと感じていませんか?


片付けは、難しいことじゃなくて、だれでも順番に取り組んでいけば、必ずスッキリさせることができるんですよ。


スッキリさせた未来には、自分が想像していなかった、居心地のよい時間や、空間や未来が待っていますよ。私と一緒に、その扉を開けてみませんか?


私の片付け物語、初めから読みたい方はこちらからどうぞ。


もともと「片付けは苦手」だった私が、本当のお片付けと出会って真剣に取り組み始め、半年で綺麗に片付いたわが家。


どこに何が入っているのか、ほぼ管理しています。使わないものは、家に置かなくなりましたね。たまに夫から「そういえば、あれどうしたっけ?」なんて聞かれますが、「使わないから捨てたよ~」という回数が増えました(苦笑)



私に「お片付け」のきっかけをくれた「ごんさんのブログ」そのブログの中で、ごんさんは「私はプロではありません」と、時々書かれているのが気になっていました。


「お片付けのプロと呼ばれる人がいるの?」「どんな人が片付けのプロなんだろう?」



そう興味を持ち始め、ネットで検索したところ出てきたのが「整理収納アドバイザー」や「ライフオーガナイザー」という資格を持った人たちでした。


お片付けのプロとして活動したい。困っている人たち、悩んでいる人たちのチカラになりたい!自分が「片付け」で人生が変わり、明るい気持ちで暮らせるようになった。


この感動を伝えたい!そう思ったんです。


しかしプロの資格を取るとなると、お金がかかるんですよ。私が受講しようとしたのは「整理収納アドバイザー2級講座」当時の料金で22,500円。(現在は23,100円)この2級講座を受けると、自宅の片付けの役に立ち、プロとして活動できる1級資格の受験する資格が得られるのですよ。


しかしパート主婦にとって、2万円を超えるお金は簡単に出せるものじゃなかったんですよね。取りたいけれど、お金はかかるし・・・このままじゃ、自分の中に芽生えた「片付けのプロ」として生きる道は拓けないと。


なかなか自分にGOサインを出せないまま、半年が過ぎ。「自分のへそくりを使って受講しよう!」とようやく決心したのは2011年9月でした。2級の認定講座は一日で取得することができます。北海道で「整理収納」を広めてきた後藤えいこさんの講座を受講しました。


無事に1級の受験資格を得ることができたんですね。


そのころ、北海道で整理収納アドバイザーの1級試験の予備講座は1年に1回だけ。そう2011年は終わったばかり。翌年の9月まで試験はお預けでした。


2級の資格を取得したあとも、私の片付け熱は冷めやらず。「整理収納アドバイザーという資格を取ったんだよ~~」と宣伝し(笑)数名の友人宅の片付けを手伝い、非常に喜ばれたことが、さらに私の自信につながりましたね。


2012年9月整理収納アドバイザーの1級資格を取得。そうして2012年12月から「整理収納アドバイザー」としての活動を始めたのです。


現在は「片付け」×「家計管理」のサービスをメインに活動しています。あのとき「ごんさんのブログ」に出会わなければ、今の生活はなかったのです。


「片付け」には、「住まいを居心地よくする」だけじゃなく、自分の生き方も変えるチカラがあるんですね。


「私の片付け物語12話」にて終わりにしますね。


シリーズの最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。また書きたりないことや、思い出したことがあれば、ブログのなかでお伝えしていきますね。


お片付けに悩んでいる方は、一緒に快適な暮らしを手にいれませんか?


お片付けサービスの詳細はこちらからどうぞ。




家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

そんなにお金を使っていないはずなのに、貯金ができない。クレジットカードの支払にいつもドキドキ。 洋服やバッグに大好な小物。モノで溢れて片付かない部屋。 給料日前はお財布を見ながらため息ついていませんか? お金の整理をして、貯金できる家計を手にいれて、将来の夢を叶えませんか? お金と向き合い、自分と向き合い、モノと向きあう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク」叶えたい未来の景色を手に!