家計簿のつけ方「雑費・医療費・お楽しみ費・交通費」など

家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。

家計簿をつけているけれど、効果が今一つ感じられない。

家計簿が続かない。

家計簿をつけたいけれど、いつも挫折してしまう。

こんな悩みを抱えているあなたのために、効果的な家計簿のつけ方をお伝えしていきますね。

ところどころリアルなわが家の数字を織り交ぜながら、書いていきますので、一緒に取り組んでいきましょう。

使っているのは、こちらの「ラ・暮らし家計簿」です。

ご自分のルーズリーフに線を引いて使って頂いても結構ですよ。


今回は、雑費、医療費、お楽しみ費、美容費、交通費のページの書き方についてお伝えしますね。


家計簿のそれぞれの費目の欄に、「日付、費目、金額、残高」と書いていますが、残高の欄には「袋分けの予算金額」を記入します。

ここに予算金額を入れることで、「1か月にあといくら使えるのか?」が、常に見える状態になります。


やりくりのコツは、「予算の把握」あといくら使えるのかを、知っていること。

「合計でいくら使った?」というのは、最後の集計の時だけで大丈夫ですよ。 


あなたは、常に把握していますか?


※雑費は、日用雑貨消耗品。

※医療費は、病院代や市販の薬購入など

※お楽しみ費は、外食代など家族共有の娯楽費

※交通費は、ガソリン代、電車代、地下鉄代、バス代など。

※美容費は、化粧品や美容室代など。

この他にも、あなたの暮らしに合わせて、費目は変えてもOKです。



ペットのいる方は、ペット費など、線を書き込み枠を増やしてカスタマイズしてくださいね。


わが家の交通費。車2台分のガソリン代の予算は10,000円です。これはクレジットカードで支払いしていますが、あえて「現金袋分け」で予算を管理しています。


カードのページにも記入。


カードを使った分のお金は「専用の袋」に資金を移動します。口座に予算を残しておくよりも、「あといくら使える」と見えるので、より「やりくり効果」が実感できますよ。


家計簿の数字は、今月10月24日〜のわが家のリアルな数字です。


予算を袋分けするときに、1日2,000円とか1週間に14,000円という、予算の分け方にこだわっていませんか?


この一日当たりいくらとか、一週間にいくらという予算の分け方は、赤字になる可能性が高くなるんですよ。これで失敗している方を多く知っています。


それが何故か、別の記事で書きますね。


予算は目的ごとに、細分化するのが理想的です。


その数字がつかめない内は、苦労するかもしれませんが、まずは1か月分のレシートを、書き出してみましょう。


そこから、何にどれくらい使っているのか、お金の使い方のくせも見えてくるはずですよ。


お金の不安から卒業するためにも、家計簿に挑戦してみませんか?


次回は、家計簿のつけ方「食費のページ」です。お楽しみに!


「家計簿をつけて、お金と上手に付き合うコツを知りたい方」にこちらのステップメール全8回がおススメです。(登録は無料です)

散らかった「モノ」と「思考」を整理し人生を100倍楽しくする方法・千歳・札幌「ラ・暮らし」

あなたの人生に夢はありますか?本当にやりたいこと、叶えたいこと、あきらめたままでいいですか?あなたの暮らしから不要なモノを取り除くと、あなたの本来の願いが見えてくるかもしれません。あなたのステキな人生を邪魔する、散らかった「モノ」と「思考」と「お金の流れ」を整え人生を100倍楽しくしましょう。