家計簿のつけ方「予算ページ」の書き方

家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


家計簿をつけているけれど、効果が今一つ感じられない。

家計簿が続かない。

家計簿をつけたいけれど、いつも挫折してしまう。

こんな悩みを抱えているあなたのために、効果的な家計簿のつけ方をお伝えしていきますね。


架空の数字と、ところどころリアルなわが家の数字を織り交ぜながら、書いていきますので、一緒に取り組んでいきましょう。



今日は予算のページについて、詳しくお伝えしますね。


使っている家計簿は、私が作っている「ラ・暮らし家計簿」

こちらから購入することもできます。


ご自身でルーズリーフに線を引いて頂いても、いいですよ。




1ページ目の、書き方の例です。


収入は、夫婦共働きの場合は、合算するのがおススメです。


例えば、お給料日が別々でも「家計のスタート」する日を決めて、そこから1ヶ月間やりくりしましょう。


銀行引落の金額は、そのまま口座に残して、貯金は全て先取りで、各口座に振り分けてしまいます。


今月の収入のところには、ご夫婦共働きの場合、それぞれのお給料の手取り額を入れましょう。


前月繰越のところには、先月の集計で出て黒字を書き入れてくださいね。

今まで家計簿をつけていない方は、「前月繰越」がないでしょうけれど、今月から「黒字を出す」気合で頑張りましょう!


【口座引落・固定支出】

光熱費や、通信費、家賃など引落が決まっている金額を、そのまま記入してくださいね。

支払い内容によって、口座の名義が分かれる場合は、途中に二重線を引くなどして、分けて書くとわかりやすいですね。


今、クレジットカードの明細をみて、毎月「固定支出引落」の欄にカードの請求金額が入っている方は、クレジットの使い方、お金の流れを変えていくと、より「貯金体質」に近づけるかもしれませんよ。


【現金固定支出】

夫婦のお小遣いなど、毎月現金で決まった金額の予算を入れます。

そのほかに「町内会費」など1年に一度払うものでも、月々から用意しておくと支払い月の負担が少なくてすみますから、安心ですよね。


【未来貯金】

10年単位で貯めるお金です。

将来のマイホーム資金や、お子さんの教育費。車の買換え費用や、老後の資金など、10年単位で長期で貯めるお金を計画的に貯めていきましょう。


【支払い目的の積立】

年払いの保険料(生命保険・自動車保険・地震保険)など年払いの金額を12等分して、月々予算化して貯めておきます。

自動車の車検費用は、2年に一度なので大体の金額で24等分し、月々予算化します。

NHKの受診料も、年払いの方が安くなるので、年払いに変更し、月々予算化します。

自動車税、固定資産税も年間でかかる金額から、月々の予算を割り出して積立てましょう。


【特別費】

年単位で管理する、時々発生する費用を、予算化して別口座で管理します。例えば、洋服代とか、帰省費用、冠婚葬祭費、年賀状や、クリスマスプレゼントなども、特別費で予算しておくと便利ですね。


【現金袋分け・やりくり生活費】

ここは、生活費を袋分けします。

食費×5週間 + 米・調味料・嗜好品(ストック食材)

雑貨・医療費・お楽しみ費・交通費・美容費など、千円札を用意して袋分けで管理します。


収入などは、架空の数字ですが、やりくり生活費は、わが家のリアルな数字です(笑)


この予算ページのコツは、「収入=予算」 すべてのお金の行先を決めてしまうことですね。使途不明金を作らないことも大切ですが「お金をどう使うか、どう振り分けるか」毎月、しっかりと吟味して決めましょう♪


そして必要な貯金は、必ず「先取貯金」で。


あとは、決められたやりくり生活費を守ることができれば、思い通りの金額を貯めることが可能です!


次回は家計簿のつけ方「雑費・医療費・交通費・お楽しみ費」など

ご覧くださいね。


「家計簿をつけて、お金と上手に付き合うコツを知りたい方」にこちらのステップメール全8回がおススメです。(登録は無料です)


片付け×家計管理×マインドワーク「心の整理」千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!