片づけの3つのポイント!

家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。


定期的にモノを見直したり、手放す習慣はありますか?「使えるものは、とりあえず残して置く。」という暮らしをしていませんか? 


毎日忙しくて、ついつい後回し。取りあえずで置いたものが吹き溜まりになったり、ボックスからはみ出ていたり・・。


綺麗な部屋には憧れながら、現実は時間ができたら片づけよう。余裕ができたら片づけよう。と、お片付けの優先順位は、暮らしの中で下の方に追いやられていないでしょうか。


部屋を整えることは暮らし全体の質をあげることにつながります。


ついついお片付けを後回しにしてしまう方に、今日はずっとスッキリした暮らしを続けるための3つのポイントをお伝えしますね。


居心地の良い部屋で暮らすには、大きく分けて3つのポイントがあります。 

①使わなくなったモノを定期的に手放す。 

②使ったものを元に戻す習慣。

 ③家の中のモノを増やさない意識。


 この3つが必要です。

収納に興味があるけれど、片づけられない。キレイに整えても、すぐに乱れてしまうという方は、①の「使わなくなったモノを定期的に手放す」ことを暮らしに取り入れてみましょう。


一度にたくさんの箇所を手掛けるのは大変。スモールステップで、小さなところから取り組んでみませんか?リビングの引出し。玄関の収納。どこか1か所でもいいのです。


使っているものと、「使っていないもの」あるいは「使いたいと思えないもの」を分けてくださいね。元の場所に戻すのは、「使っているもの」だけです。


ここでちょっと使っていなかった理由を、考えてみましょう。なぜ、使っていないのか。使う必要がなかったからなのか、それとも使いたくないから?奥に押し込められて見えなかったから?色んな理由がありますよね。


その思い込みや、モノを手放せない自分のクセを見つけるといいですね。情報が多すぎると、目に入らなかったり、欲しいモノがすぐに取り出せなかったりしませんか?


モノが少ないということは、管理する手間も省けるので快適なのです。


第2には、使ったら戻す習慣を。

綺麗に一度は片づけても、使ったら使いっぱなし。出しっ放しでは、すぐに乱れてしまいますよね。使ったものは、面倒でもモノの指定席に戻す習慣を、是非取り入れてくださいね。


片づけ始める前に、スッキリ片付いた状態を頭の中にイメージしましょう。ゴールを思い描くのです。やる気が起きない。部屋が散らかっていてモヤモヤするときは、お片付けがいいリフレッシュになりますよ。


第3には、モノを増やさない暮らしを心がけること。

お家の中に、モノを入れる時。買うとき。貰うときは、慎重に。本当に必要なのか、ないと困るモノなのか。考えてみませんか?


実はなくても平気だったり、安くなっていたから購入するものは、長く大切にできない傾向に。ましてよそ様が不要になったものを「もったいないから」と招き入れては、苦労する原因。


旅行に行くにも荷物が少ない方が、身軽でラクですよね。

人生の旅も、モノが少ないほうが、快適だと思うのです。


お家まるごとお片付けサービスのお申込みはこちらからどうぞ

気になる場所だけ片づけたい方は、こちらからどうぞ。

家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!