メニューを先に決めよう!(食費予算を守る作戦2-2)

お部屋と家計を整える、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


 前回の食費予算を守る作戦のその3をお伝えしますね。 

食費を守るためには、4つのステップを踏みましょう。 


①必ず買うモノの金額を把握 

メニューを決める 

③買物メモの作成。 

④家計簿をつける。 



 メニュー決める時の一つ目のコツは「メリハリメニュー方式」でしたね。 今日はもう一つのコツについて。 「食材を繰り回す」 


食べたいメニューを考えていたら、必要な食材が鶏肉に豚肉に牛肉にお魚。 今は量り売りよりも、パックに入って売られていますよね。 


必要なグラム数だけ買うのは、正直難しいと思いませんか? 300gでいいけど、350g入っていた。この50グラム余分だけど、どうしようかな。


 「少しばかり残していてもしょうがないから、使っちゃえ」と、使っていませんか?


それではもったいないですよ。 若い頃の私です(笑)


新婚時代4人前のレシピを見て料理を作り、夫と二人でもりもり食べていましたからね。 「美味しい、美味しい!」と言ってくれると、嬉しくてついつい作りすぎちゃいました。


 これでは食費が膨らみ、お腹のぜい肉も増えます(笑) 結婚して夫の体重があっという間に、5キロ以上増えましたから。


ぴったりの量だけ買えるといいのですが、パック売りでは難しいですよね。


 こんな問題を解決する方法が「食材の繰り回し」です。 メインとなる食材の数をしぼって、繰り回しのメニューを考えます。 


 例えば「ひき肉」ならば

 ●豆腐ハンバーグ 

●ドライカレー 

●麻婆豆腐 

●ビビンバ丼 

●ひき肉の肉じゃが  


こんな風に、ひき肉を使った料理を1週間のうちに2~3回登場させれば 無駄なく使うことができますよね。 


メインの豆腐ハンバーグに250g使って、あと100gは麻婆豆腐。こんな風に使うと、無駄がないでしょう。


 「鶏肉」ならば

 ●チキンカツ 

●長崎天婦羅 

●チキンソテー 

●鶏のクワ焼き 

●チキンサラダ 


 その週のテーマを決めて、メニューを考えるとあれこれ悩まずにすみますよね。 メインの料理が決まったら、サブおかずは野菜料理を添えて、汁物をつければ 完成です。


 サブおかずも、応用の効く野菜を買いましょう。


 わが家のレギュラーメンバーは、キャベツに玉ねぎ、人参、ジャガイモ、もやし、きのこ、ミニトマト。青もの野菜は、値段を見て決めますよ。 


「メリハリメニュー方式」で、メインとなる食材を順番に入れていくと さらにメニューのバランスが取れますよ。


 日)家族のリクエストメニューの日 

月)豆腐の日 

火)肉の日 

水)卵の日 

木)魚の日 

金)肉の日(パスタ・麺の日) 

土)在庫整理day 


テーマを決めると一週間のメニューも、考えやすくなります。 こんな風に決めてしまうと、便利ですよ。


必ずこれじゃなきゃ、ダメではありませんからね。臨機応変に、アレンジしながらメニューを立てくださいね。

事前にメニューが決まっていれば、お金も時間も有効に使えるんですね。お店のなかで、何にしようかとモヤモヤ悩む時間はもったいないですよね。 


 「食材の繰り回し」を頭に入れながら、食べたいメニューを事前に決める。計画的なお買いもので、食費の節約を成功させましょうね。


  

実践的な家計管理のマンツーマンレッスン。


家計につよくなるメールレッスンは、こちらからどうぞ。

家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

そんなにお金を使っていないはずなのに、貯金ができない。クレジットカードの支払にいつもドキドキ。 洋服やバッグに大好な小物。モノで溢れて片付かない部屋。 給料日前はお財布を見ながらため息ついていませんか? お金の整理をして、貯金できる家計を手にいれて、将来の夢を叶えませんか? お金と向き合い、自分と向き合い、モノと向きあう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク」叶えたい未来の景色を手に!