メリハリメニュー方式(食費予算を守る作戦2-1)

お部屋と家計を整える、家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。 

食費予算を守る作戦のその2をお伝えしますね。 


食費予算を守る作戦その1はこちら。


食費を守るためには、4つのステップを踏みましょう。 


①必ず買うモノの金額を把握

 ②メニューを決める

 ③買物メモの作成

④家計簿をつける


 今日は「②メニューを決める」について。 

一週間の食費予算からいつも買うモノを差し引いた金額が、7日間の夕食の予算です。


ここまで来たらその金額を6で割りましょう。すると一日当たりの金額が見えますよね。「なぜ6で割ったの、あと一日はどうするの?」と、疑問に思いませんか?


そこがポイントなんですよ。

あと一日はメニューを立てずに、冷蔵庫の在庫整理をする「在庫整理day」に しましょう。 在庫整理の日を設けると、冷蔵庫の整理と食費の節約の一石二鳥のお得なんですよ。


一日当たりの金額が出たなら、その金額で作れるメニューを考えていきます。

ここで第二のポイント。 

一日の金額が出たら、「その中で納めなければならない。」と思うとちょっとストレスに感じることもありますよね。


数百円の予算では、値のはるメニューが作れない。「たまには贅沢な食事もしたい」 と思いますよね。毎日、毎日、節約メニューでは心が満たされないですよね。  


そこでおススメなのが「メリハリメニュー方式」と勝手に名付けました(笑)


節約していても、週に一度はお刺身を食べたい。 

または、焼肉も食べたい。  

一日の予算では、はみ出してしまうから食べられない。 となると切なくなりませんか? 


食べたいものは、「予算の範囲内」で食べましょう。その代わり 他の日で調整すれば大丈夫ですよ。 贅沢なご馳走も、毎日食べると飽きちゃいますよね。 お財布に優しいメニューの中で、たまに「胃袋と心を満たす食事」を入れましょう。


一日600円の予算であれば、1000円使った日はその前後で もやし料理を入れたり、豆腐料理をメインにしたり。 食卓の上に一汁二菜は乗るようにしています。 理想は一汁三菜ですが。


 節約、節約で心が枯れないように、主婦の知恵と工夫を重ねながら メリハリメニュー方式。 家族の笑顔が増えるように、頑張りましょう。  


今日のポイントをまとめると、二つ。

①食費予算は6日分で一日値の単価を出す。

②メリハリをつけて、食べたいものは食べる。その他の日で調整する。


この二つです。


次回は、メニューを立てるときのもう一つのコツについてお伝えしますね。 


家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!