食費予算を守る作戦!4つのステップ

家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


食費の予算を決めても、なかなか予算の中に納められない。いつもはみ出してしまうと、お困りではありませんか?


自分で決めた食費の予算の中に、支出をコントロールして納めるコツをシリーズでお伝えしていきますね。わが家は3人家族で一週間の食費予算は4500円です。


この予算からはみ出さないようにするためには、ちょっとずつコツがあるんですね。前置きはいいから、早く本題に入ってちょうだい!という声が聞こえそうです(笑)


では、始めて行きましょうね。


4つのステップになります。


必ず買うモノの金額を把握

②メニューを決める

(1)メリハリメニュー方式

(2)事前メニューを考える

買物メモの作成。

家計簿をつける。


今日は食費の予算を守るときに外せない、①必ず買うモノの金額の把握をお伝えしますね。


食費の予算が決まったら、どのようにして予算の中に納めるか。

一日当たりに換算して、メニューを立てたくなりますよね。


それでは、予算からはみ出ちゃいませんか?


4500円÷7日≒640円 この金額で作れる料理を考えると間違いなくオーバーします。


一週間の食費は、朝食の材料も、お弁当のおかずも全部含めた予算だからなんですね。まずは、「メインのメニューの食材ではないけれど、必ず買うモノ。」この金額を把握しましょう。


どんなものがあるかというと、例えば卵・牛乳・食パンなど。これはメインの食材ではありませんが、常備しているものですよね。


週末になって、賞味期限が切れそうになって慌てて食べるというのは、食材を買い過ぎです。


まずは、毎週購入するものを、書き出してみましょう。お子さんが多いご家庭でしたら、牛乳の量も卵の量も多く必要でしょうね。


「卵」は料理の救世主。冷蔵庫の中がスカスカでも、「卵」さえ入っていれば、何とかなる気がしませんか。


わが家の定番はキムチチャーハンと納豆チャーハン。野菜を卵でとじたり、料理のお助け役です。

買物のほとんどが、夕食の食材でお昼や朝は、あるもので適当に食べるのがわが家スタイル。


いつも購入するものを、週の食費予算から除いた金額が、毎日の晩御飯の予算になりますよ。

次回は、いよいよメニューを立てるとき、私が心がけていること、コツについてお伝えしますね。


買物に行く前は、必ず在庫チェックしましょうね。毎週決まって買うものでも、在庫が多めに残っていれば、翌週で調節して少な目に買いましょう。


無理して使うと、お腹のお肉が増えますよ(笑)


家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

そんなにお金を使っていないはずなのに、貯金ができない。クレジットカードの支払にいつもドキドキ。 洋服やバッグに大好な小物。モノで溢れて片付かない部屋。 給料日前はお財布を見ながらため息ついていませんか? お金の整理をして、貯金できる家計を手にいれて、将来の夢を叶えませんか? お金と向き合い、自分と向き合い、モノと向きあう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク」叶えたい未来の景色を手に!