私の「片付け物語」一日30分で暮らしが変わる?

片付けと家計管理であなたの暮らしを整える、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


「私の片付け物語」と題して、シリーズでわが家の変化。私の気持ちの変化。家族の変化について、お伝えしていきたいと思います。


私がお片付けを始めたのは、「ごんおばちゃまの暮らし方」というブログと出会ってから。ごんさんの暮らしを見習うように、毎朝更新されるブログに夢中になりました。


それまでは、家の空気がどんよりと重く、掃除をするにも「面倒でおっくうだな~」と、どよーんとした気持ちに支配されていたんですよ。そして、ちゃんとできない自分を責めちゃうのよね。


ごんさんのブログに習って挑戦したのは、一日30分の抜き作業。


キッチンタイマーを使って、ヨーイドンで30分。収納のことは考えないで、使わないものを徹底的に取り除く「整理」をするんです。


それまで「使えるものを捨てる」という思考は、私には皆無でした。だから最初はなかなか、モノを減らすことができなかったんですよね。


モノと向き合っていると、「なぜにこれが、こんなところにあるのかな?」と、思わず自分に突っ込みを入れたくなるようなものが出てきました(笑)


玄関の下駄箱の上にある、鍵を入れるカゴの中から、使っていないおまけについてきたキーホルダーとか。ペットボトルのお茶についてきたおまけのような小さなもの。全く使わないのに、何にもついていないものより、「少しでもおまけがついている方がお得だわ!」という今までの生活スタイルが、モノを増やす暮らしだったんですね。


そしてわが家に入れたものは、使える限り捨てることをしなければ、家の中に使わないものがどんどん増えて、片付かない原因を作り出していたんですよ。


そんなことに気づいたのは、一つ一つのものと向き合い始めてから。30分経ったあと、減らすものがなくて時間があれば掃除して終了。もっとやりたい!と思っても、翌日のお楽しみで30分で終了させるのがコツなんですね。


気合を入れて頑張りすぎると、途中で嫌になってしまう可能性があるからなんですよ。ごんさんは、それも全て知り尽くしたうえでブログで、片付けできるように導いてくれたんです。


どんよりとした暮らしから、日々の生活に張り合いを感じはじめたのは「お片付け」に取り組み始めてから。最初は手放すことができなくても、時間の経過とともにココロの整理がついて、すんなり手放すことができるように変わっていくんですね。そんな自分の変化にも気づき始めていいました。



片付けで毎日の暮らしに張りが生まれてきたのです。


次回に続きます。



家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

そんなにお金を使っていないはずなのに、貯金ができない。クレジットカードの支払にいつもドキドキ。 洋服やバッグに大好な小物。モノで溢れて片付かない部屋。 給料日前はお財布を見ながらため息ついていませんか? お金の整理をして、貯金できる家計を手にいれて、将来の夢を叶えませんか? お金と向き合い、自分と向き合い、モノと向きあう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク」叶えたい未来の景色を手に!