私の「片付け物語」今日はどこを整理する?

片付けと家計管理であなたの暮らしを整える、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


「私の片付け物語」と題して、シリーズでわが家の変化。私の気持ちの変化。家族の変化について、お伝えしていきたいと思います。


私が片付けと出会い、モノと向き合い始めたのは2010年のことでした。ごんおばちゃまのブログで出される毎日のお題が、楽しみでした。


朝、更新されるブログで「今日は、洗面所を片づけましょう」と、テーマを与えられるので自分の好きな時間帯でタイマーをかけて30分。真剣にものと向き合うですよ。


そうすると出てくる出てくる。使っていないものたち。

ホテルに泊まったときのアメニティグッズやら、化粧品の試供品。小さくなった石鹸や、古くなったお掃除ブラシ。掃除に使えると思って残していた古歯ブラシ。



古歯ブラシに至っては、何十本もストックしていましたから(笑)あなたのお家には、いくつありますか?


そんなにたくさん、必要ないでしょう!と自分に突っ込みをいれましたよ。確かに古歯ブラシは、お掃除に使える便利なグッズですが、1本~2本あれば十分ですよね。



それなのに、新しい歯ブラシに交換したら「古歯ブラシはお掃除用」という、習慣があったんですね。「いくつ必要かな?」と自分で考えると、おのずと答えは見えてきますよね~。


お片付けに伺ったお客様の家でも、結構ストックしていらっしゃいます(笑)


30分という時間、長いようでモノと向き合って「要るの?要らないの?」と考えると、あっというまに過ぎてしまう時間です。


洗面所は毎日使う場所ですし、スペースも狭いので片付けるには、そんなに時間がかからない場所ですね。このブログを読んで「わが家も片づけようかな」と思ってくださった方は、洗面所を片付けしてみませんか?


キッチンタイマーをかけて30分。長年使っていないものや、この先「使いたいと思えないもの」を取り除いてくださいね。


お掃除用の古歯ブラシは1本あれば十分(笑)


ゴチャゴチャしていたわが家の洗面所。モノを減らしたことで「もっときれいにしたい」という気持ちが湧いてくれば、最高です!


片付けは「丁寧な暮らし」の第一歩。自分と家族を大切にする、素敵な行動です。あなたの暮らしが整い、気持ちが軽くなれば幸いです。


次回に続きます。



家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

そんなにお金を使っていないはずなのに、貯金ができない。クレジットカードの支払にいつもドキドキ。 洋服やバッグに大好な小物。モノで溢れて片付かない部屋。 給料日前はお財布を見ながらため息ついていませんか? お金の整理をして、貯金できる家計を手にいれて、将来の夢を叶えませんか? お金と向き合い、自分と向き合い、モノと向きあう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク」叶えたい未来の景色を手に!