キッチンの整理「私の片付け物語4」

片付けと家計管理であなたの暮らしを整える、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


「私の片付け物語」と題して、シリーズでわが家の変化。私の気持ちの変化。家族の変化について、お伝えしていきますね。


2010年ごんさんのブログで出されるお題に沿って、一日30分の抜き作業に取り組むのが毎日の楽しみでした。ある日のお題はキッチン。


キッチンの中で、使っていないものを処分するんですね。いままでモノを捨てるのが苦手な人に、大きなハードルが一つ存在していました。


「壊れていないものは、捨てにくい。」


どうです?そう思いませんか?


まだ使えるのに。欠けてもいないし、ひびも入っていない。あなたのお家に、そんな食器はありませんか?


「その食器が好きですか?」と聞かれると、好きでも嫌いでもない。そんな存在の食器がたくさんありました。


金融機関から粗品でもらった食器やら、結婚するときにおばあちゃんからもらった、食器。子供が赤ちゃん時代に使っていた赤ちゃん食器。景品でもらったグラスなどなど。


普段、お水を飲むコップは、100円ショップで3個100円で購入したケロッピのコップ。おしゃれじゃない、ときめかないモノたちで溢れていたんです。


真っ先に手放せたのは、赤ちゃん食器。子供たちはもう成人していましたから(笑)赤ちゃん食器を使って、ごはんを食べる人はいません(笑)「今までありがとう」と、お別れしました。


そのほか、セットの食器のうち2つ壊れて捨てて、残りの数が少なくなったもの。プラスチックのスプーンやフォーク。何かに使えるだろうと、もらってきたアイスのヘラ。


これでもかというくらいの数のものが、キッチンでひしめき合っていましたね。フライパンも大小あわせると、3つもあり2つに減らしました。


お玉に計量カップに、計量スプーン。これも何セットもあって、キッチンの引出しを狭くしていたんです。


一気に綺麗なキッチンを手にいれたかというと、そうではないんですね。以前のブログに、Before&afterで写真を掲載していましたが、ほとんど自己満足の世界(笑)


いいんですよ。それでも、自分の気持ちが上がってワクワクできれば。


キッチンの吊戸棚の最上段は、使わないものでほぼ埋め尽くされていました。結婚するときに、実家から頂いた湯呑み。お客様用に、10個以上箱にいれたまま収納していたんです。使う機会はほぼゼロ。


今は手元にある湯呑みだけで生活していますが、まったく不自由していないんですよ。


お片付けって、こんな風に「使ってないもの」家になくても平気なものを取り除いていく作業なんです。使っていないものが取り除かれることで、淀んでいた空間に、新しい風が入ります。


そこに「まだ使えるに」とか「もったいないから」という気持ちを乗せずに「自分が使いたいか、使いたくないか」という視点で、取り組んでみるといですよ。


お片付けの快感、心地よさをぜひ味わってみませんか?


私の片付け物語、次回に続きますね。


一人では、もうお手上げという方は、お声がけくださいね。一緒にお部屋を整えましょう

片付け×家計管理×マインドワーク「心の整理」千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!