おしゃれなリビングと何が違う?「私の片付け物語9」

片付け家計管理であなたの暮らしを整える、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


「片付けが苦手」「自分には無理」「片付けられない自分はダメなんだ」と思い込んでいませんか?


「片付け」は難しいことじゃなくて、だれでも、順番に取り組んでいけば、必ずスッキリさせることができるんですよ。


スッキリさせた未来には、自分が想像していなかった、居心地のよい時間や、空間や未来が待っています。


これまでの私の片付け物語は、こちらから読めます。


家の片付けに取り組み始めて、数か月。不要なものをどんどん家から、取り除いていきました。すると、私の中に変化が生まれたんですよね。


それは「自分が何が好きか」わかるようになったことなんです。以前は「インテリア」や「雑貨」をみてもココロときめくものがなかったんですよね。


自分が「どんなものが好きなのかわからない」という不感症の状態だったんです。それは、ずっと「自分の本心」よりも「モノ」を大切にしてきた、結果だったんですね。


「私は使いたくない」と心の奥で思っていても「まだまだ使えるものだから、捨てるのはもったいない」と、モノをため込む思考の弊害でした。


モノの整理をするなかで「自分が好きじゃないものを、好きじゃないと言ってもいいんだ」「使いたくないものは、使えるものであっても、手放してもいいんだ」


こんなココロのリハビリになっていたのです。


そこでようやく「自分の好きなもの」が見え始めたんですね。


リビングの整理をして、不要なものを取り除いても、雑誌の「美しい部屋」やインテリアの雑誌に紹介されるような素敵な部屋には、わが家はどうやっても近づけないんです。



何が違うの?

どこが違うの?


その理由が知りたくて、もやもやしているときにチカラになってくれたのは娘でした。ここからは整理収納というより、インテリアの分野のお話。


早い話、わが家は「インテリア」というものを、最初からあきらめていたため、どんなテイストが好きだとか、どんな色合いでまとめようという、作戦がゼロだったのです。


不要なものを手放した私は、さらに欲がでて「素敵な部屋にしたい!」と強く思うようになったのですよ。


お片付けに出会わなかったら「部屋をもっと素敵にしたい」と思うこともなかったでしょうし、増え続けるものに今でも「片付けなきゃ」と悩まされていたに違いありません。


私の好みのインテリアのイメージを、娘に伝えてあれこれ家具を選び、ソファーやテーブル、テレビ台を一気に買い替えました。


この時も、びっくりしていたのは娘の方。それまでは、お金を使うことにはかなり慎重で「ワクワクのために、お金を使う」という使い方をしなかったからなのですね(笑)


お片付けを極めると「お金の使い方」も変わりますよ。



私と一緒にお片付けを楽しみたい方は、こちらからどうぞ。


家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!