「お金」と「片づけ」って関係ある?

家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。 「お金」と「片づけ」の関係。マインドの本を読んだり「人生がうまく行く○○」という本であったり。生き方、考え方のことが書いてある本なのに「部屋の片づけ」のことを触れている記事が多いですよね。 私も「整理収納アドバイザー」になる前のお金に対する価値観は今と違っていました。お金は貯めるもの。ムダにしてはいけない。贅沢より我慢。というのがポリシー。 家にある家具は、「好み」よりも「価格」重視のモノ。オシャレなインテリアや素敵な暮らしにあこがれながらも、「自分にはもったいない」と思い込んでいたんですよね。今でも、その思考の名残はありますが(笑) お片付けと出会って変わったのことは「自分をもっと大切にしよう」と思えたことでしょうか。使えるのに捨てるなんてもったいない。高かったのに手放すなんてありえない。自分の気持ちよりも優先させていたのは、モノに対する執着と自己蔑視だったのかもしれないと、思えるようになりました。

家にある「使わない」モノを少しずつサヨナラしていく過程で、「自分を大切にすること」を学び直していた気がします。 自分の暮らしに残したいモノは何? 使っていきたいものはどれ? 「片づけ」ながらモノと対話する。自分の意思で選ぶ許可を自分に与えると、気持ちが軽くなるんです。結局、自分を縛っていたものは、誰でもなく自分自身だと気づいたんですよ。 

旅行に行くつもりで積立ていた資金で、リビングの家具を買いかえ、キッチンの食器棚も買替えて、自分を喜ばせる意識で「お金」を使えるようになったんですから。私の暮らしぶりの変化に驚いたのは家族。あまりの変化に「そんなにお金使って、大丈夫?」と心配されました(笑) 「お金」も「モノ」も、ためるものではなく循環させるものなんですね。

以前読んだ『お金はこうして引き寄せる』という本に、こう書かれていました。


 著 マリー=クレール・カーライル 江原 啓之 監訳 家の中にはエネルギーの流れがあり、部屋にがらくたが沢山あるとその流れがスピードダウンしてしまう。お金もエネルギー。もっと手に入れたい場合は、新しいエネルギーのスペースを空ける必要がある。 (要約) 



 「いつか使うかもしれない。」と溜め込んだガラクタを片づける勇気を持つことが第一歩。不要なモノを手放して、あなたにとっての心地よい暮らしを手に入れるのも、今のままの暮らしを続けて行くのもあなた次第です。 スッキリした暮らし、いつでも友人が呼べる部屋を手に入れたい方は、一緒にお片付けしませんか? 


 お家まるごとお片付けご希望の方はこちらからどうぞ。


片付け×家計管理×マインドワーク「心の整理」千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!