袋分けにも、ゆとりの資金は必要ですよ。

袋分け家計簿で、キッチリと家計管理に挑戦している方。いつも、キリキリしていませんか?


あまりに予算がきつい。手元の現金が少ないと、不安な気持ちになりますよね。袋分けにも、「ゆとりの資金」は必要なんです。


家計整理アドバイザーの丹羽志津子です。


以前、家計簿講座を受講して下さった方からメールでご質問を頂きました。


「袋分けで 今月余った費目の お金は 袋からだして よけておいたほうが いいのですよね?

現金が 手元に ないと不安なので 余ったお金を その費目の袋に 入れたままにしていますが それは NOですね?」


このご質問にお答えしていきますね。


まず袋分けの袋に、残っているお金を出さずに残しておきたい。ということですが、家計簿を集計したら、一端はリセットするために、袋から出すことをオススメしています。


その上で、翌月の予算を立てて、その金額にピッタリのお金を袋に入れておきましょう。


例えば医療費や美容費など、その月によって支出にばらつきがある費目がありますよね。そういう費目は、予算を繰越しても構いません。


そうじゃないけれど、お金が少なくて不安なんです…。


という場合に必要なのが「ゆとりの資金」予備金庫なのです。


使える費目のお金の他に、数万円でいいので予備のお金を準備することをオススメしてます。


袋の中の予算は、家計簿のはじめから集計する日まで、予算を超えないように1ヵ月で管理するお金です。


現金が手元にないと不安というのは、「何費が足りなかったら困るのか」また、急な支出があった時に対応できなくて困るのかでは、意味が違ってきます。


急な支出の内容が、年単位で管理するお金「特別費」であれば、月々のやりくり生活費の袋からではなく、「予備金庫」から立替え払いして、のちに通帳から下ろしてきます。


何かあったとしても、「袋分けの袋から、借りて違うことに使わない」というのがルール。そこが緩くなってしまうと、せっかく袋に分けた意味が半減してしまうんですね。


家計簿をつけて、生活費を管理していくと、毎月の生活費の範囲が見えてくるはずです。まだまだ不安を感じる場合は、その不安の原因をつきとめましょう。


収入に対しての固定支出が多すぎで、手元でやりくりできる生活費が少ない場合は、固定支出の見直しが必要ですよ。


①袋の中は、リセットする。

②翌月の予算をしっかり決める。(繰越する費目があってもいいです)

③ゆとりの資金(予備金庫)を持つ。


この3つを意識して、やりくりしてみてくださいね。


家計につよくなるメールレッスンは、こちらからどうぞ。







家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!