家計簿を一緒につけませんか?

家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


家計簿をつけているけれど、効果が今一つ感じられない。

家計簿が続かない。

家計簿をつけたいけれど、いつも挫折してしまう。


こんな悩みを抱えているあなたのために、効果的な家計簿のつけ方をお伝えしていきますね。


架空の数字と、ところどころリアルなわが家の数字を織り交ぜながら、書いていきますので、一緒に取り組んでいきましょう。



この家計簿の使い方です。

1ヶ月で使うのは、4ページ。


①予算と集計のページ

②予備金庫・電子マネー・クレジットのページ

③雑費・医療費・美容費・お楽しみ費・交通費など食費以外の費目のページ

④食費(5週)お米・調味料・嗜好品


この4ページを一か月で使用します。

ご自分の手元にある、ルーズリーフやノートに線を引いてくださいね。


とても大切なことは、使う前の「予算」を立てること。


予算を立てて「使えるお金」と「使わないお金」(貯金、支払いのための積立)を区別することです。


家計管理するには「予算を立てるチカラ」「予算を守るチカラ」「お金に優先順位をつけるチカラ」が必要だと、私は考えています。


一か月で自由に使える生活費の金額がいくらなのか。まずは把握してみましょうね。


次回は、家計簿のつけ方「予算のページ」の書き方について、ご紹介しますね。


「家計簿をつけて、お金と上手に付き合うコツを知りたい方」にこちらのステップメール全8回がおススメです。(登録は無料です)

散らかった「モノ」と「思考」を整理し人生を100倍楽しくする方法・千歳・札幌「ラ・暮らし」

あなたの人生に夢はありますか?本当にやりたいこと、叶えたいこと、あきらめたままでいいですか?あなたの暮らしから不要なモノを取り除くと、あなたの本来の願いが見えてくるかもしれません。あなたのステキな人生を邪魔する、散らかった「モノ」と「思考」と「お金の流れ」を整え人生を100倍楽しくしましょう。