まとめ買いで赤字を出さないコツ

片付け家計管理であなたのお悩みを解決する家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


あなたは「食費の節約」を心がけていますか?「食費の管理」は、家計管理にとって重要なポイントですよね。


「節約」と言っても、やみくもに予算を減らすことは、おススメしません。


4人家族で10万の食費に使っているとしたら、その内容を振り返ってみませんか?


疲れてご飯が作れなかった。とか無計画に買い物をして、腐らせてしまい食材を捨てている。こんな場面が、日常見受けられるかもしれませんね。


4人家族で一ヶ月10万円食費にかかっているとしたら、5万円に節約すると1年間で60万。10年なら600万円の節約効果が見込めますよ。


どんぶり勘定で、お金の不安が付きまとう。こんな状況から抜けだしませんか。食費の節約と管理をしながら、将来のための貯金を増やして行きましょうね。


そこで一週間の献立を立てて、食材をまとめ買いすることをオススメしています。


しかし「きちんと計算したはずなのに、予算をオーバーしてしまった。」という、お悩みの声も。


決めた予算を超えないための、コツをご紹介しますね。


事前に「買物メモ」を作成して、予算が超えないか確認しましょう。


【コツその1】

金額は少し多めに見積もる。

89円→100円

160円→200円

こんな風に、少し多めの金額で見積もっておくと、実際の値段が高かった時に予算を超えなくて済みます。


【コツその2】

予算を超えていたら、メニュー作りに戻って、安い食材に変える。


買物メモに書いて、予算の時点で超えていたら、そのままお買物をすると間違いなく赤字決定。これは、食い止めなければなりません。

どのようにするのかというと、豆腐料理や、卵料理をメインに持ってきたり、野菜でかさ増しできる料理と入れ替えましょう。


【コツその3】

予想以上に価格が高いときは、代替品または、少量のモノを購入


自分が予測していた以上に、価格が高い場合。安く手にはいる違う食材を購入します。


例えば、レタスが高い→キャベツにする。

白菜が高い→キャベツに変える。こんな風に、置き換えてみましょう。

また、価格が安定している冷凍野菜を使うのも手ですね。


このように工夫しながら、食費の予算をしっかり守りましょう。楽しみながら家計管理に挑戦しましょうね。


家計につよくなるメールレッスンは、こちらからどうぞ。


家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!