雑費の予算が1万円の家計簿に潜む危険。

片付け家計であなたの悩みを解消する、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


あなたの家計簿の「雑費1万円」「子供費1万円」と、ざっくりした予算になっていませんか?


余裕があるようで、給料日前は、いつも足りなくなる。


こんなことはありませんか?


お給料日前でも、予算に余裕があれば安心できますよね。


「そんなことを言っても、予算はカンタンに増やせないわよ。」と

思っているあなた。良い方法があるんです。



それは「予算を細分化すること」なんですよ。


細分化って?どうすればいいの?


まずは「使ったお金を書き出して、内容を分析しましょう」


雑費であれば、日用雑貨消耗品。

ティッシュペーパーにトイレットペーパー。

ごみ袋や、洗剤・ラップ・ポリ袋・シャンプー・リンス・ボディソープ。


色々ありますよね。


この中で、毎月決まって使うモノの量と金額が

把握できれば、予算が見えてきますよ。


ストックする量を決めることもおススメ。



家を整えて、在庫管理をすれば安くなっていても

「自宅にあったから、来月まで買わなくても大丈夫」と

わかりますよね。


お家にたくさんあるのに、買いこみすぎて予算オーバー。

お給料日前は、お金が足りない…と嘆くのは「負のスパイラルです」



あるお客様のお家には、シャンプーの詰め替えが30個もありました。

「使い切るのに、何年かかりますか?」と問いかけると

「わからない」と。



安売りになっているときに、買えば「損しない」との思い込みを

この際捨てちゃいましょう!


必要なものを、必要な分だけ買う。


お家と家計を整えて、あなたも快適な暮らしを手に入れましょうね。


予算が余分にあると、つい財布のひもは緩くなります。

予算を細分化して、いくら必要なのか。

いくら使えるのか。


把握することが、家計管理の第一歩です。


マンツーマンのレッスンで、あなたをやりくり上手に。


家計につよくなるメールレッスンは、こちらからどうぞ。


家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

そんなにお金を使っていないはずなのに、貯金ができない。クレジットカードの支払にいつもドキドキ。 洋服やバッグに大好な小物。モノで溢れて片付かない部屋。 給料日前はお財布を見ながらため息ついていませんか? お金の整理をして、貯金できる家計を手にいれて、将来の夢を叶えませんか? お金と向き合い、自分と向き合い、モノと向きあう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク」叶えたい未来の景色を手に!