給料日にすること「千円札の用意」

片付け家計であなたの悩みを解消する、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


袋分け家計簿に挑戦したことはありますか?「袋分けは、やりくりできる」って聞いていたけれど、何だか面倒で止めちゃった。


こんな経験はありませんか?


25年以上「袋分け」で家計管理を続け、毎月のように黒字を出したコツを、惜しみなくお伝えしますね!


このコツさえつかめば、あなたも「袋分け」でやりくりのコツをつかむことができますよ。


それでは早速行ってみましょう!お給料日にすること、まずは「千円札の用意」です。


銀行のATMや窓口で、一か月の生活費を下ろしてきますよね。その時に1万円札ではなく、やりくり生活費の金額を「千円札」で用意しましょう。


※やりくり生活費とは、手元で現金管理しながら使う生活費のこと。


数万円のお金も、千円札にするとかなりのボリュームになります。「ちょっとお金持ち気分を味わえますね~」と、家計簿講座を受講してくださった方がおっしゃってましたよ。


私も一か月に一度だけ、お札を開いて数えます(笑)



千円札を用意する理由は


1万円札では袋分けの予算と現金を揃えることができないから!」なんですね。


頭の中だけで計算しているのと、実際のお金が予算とぴったり合っているのでは、「やりくり」に与える影響が違うんですよ。


実際に袋の予算を確認して残高が把握できる。「これだけで生活しよう」と一目でわかるのが、袋分けの最大のメリットなのです。しかし1万円札で下ろしてきたら、メリットが活用できないだけじゃなく、こんなムダな支出があるかもしれません。


5万円下ろしてきた生活費。食費に4万円。雑費に3,000円。医療費に7000円。1万円札が崩れるまでは、雑費の袋にお金をいれることができない。「お金を崩さないとならないわ~。」と、頭の中に一つ宿題が発生しますよね。


そこであなたは、1万円を崩すために、そんなに飲みたくないジュースを買っちゃうかもしれませんよね。数百円だから、大したことないと思うかもしれません。そのお金の使い方が、実は「やりくりが苦手な人」の特徴なんですよ。


お金を使う時は、必要なことだけに。


お金を使うときは、本当に必要なもの。必要なことにだけに、気持ちよく使いませんか?モノの整理と同じ考え方ですね。


のどが渇いてどうしようもない時に買うジュースは、生きたお金の使い方。

お金を崩すために買うジュースは、浪費。


やりくりする上で、必要なことはできごとに優先順位をつけて、予算の範囲内で生活をすることなんです。


千円札を用意しておけば、のどが渇いてもいないのにジュースを買う必要はないですよね。


千円札はお給料日に、それぞれの袋にピッタリの予算金額のお金を、分けていれるための必須アイテムなのです。


千円札を用意する方法


●ATMで下ろすとき

●窓口で下ろすとき

●両替機を使うとき


●ATMでおろすときの方法は、すべてのATMが対応されているかは、わかりませんが、郵便局にあるATMは、金額と千円ボタンをタッチすると千円札で下ろすことが可能です。


3万円ならば30千円とタッチしてみましょう。


千円札30枚でお金が出てきますよ。


●窓口で下ろすときは、名前の下のところに「金種別」という欄があるはずです。そこに必要な紙幣の金額を入れて合計金額が合うように、記入すると希望通りに用意してくれますよ。


●両替機のある銀行でしたら、両替機を使うのもひとつの方法です。枚数によっては手数料が発生します。その場合は、回数をわけて両替しましょうね。


100円200円。手数料は小さなお金かもしれませんが、無駄な支出はとことん省く!やりくりするためには「小さなお金」も「大きなお金」も大切にしましょうね!



マンツーマンであなたをやりくり上手に変える「家計につよくなるメールレッスン」は、こちらからどうぞ。








家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

そんなにお金を使っていないはずなのに、貯金ができない。クレジットカードの支払にいつもドキドキ。 洋服やバッグに大好な小物。モノで溢れて片付かない部屋。 給料日前はお財布を見ながらため息ついていませんか? お金の整理をして、貯金できる家計を手にいれて、将来の夢を叶えませんか? お金と向き合い、自分と向き合い、モノと向きあう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク」叶えたい未来の景色を手に!