「給料日にすること」資金移動

片付け家計であなたの悩みを解消する、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


私がマイホームの住宅ローン30年を15年で繰上返済し、長年続けている「袋分け家計管理」のコツ。月に一度のお給料日にすることを、詳しくお伝えしていきますね。その一つが「千円札を用意すること」でしたが、もう一つは「資金移動すること」なのです。今回は、資金移動についてお伝えしますね。



袋分け家計簿に挑戦したことはありますか?「袋分けは、やりくりできる」って聞いていたけれど、何だか面倒で止めちゃった。


こんな経験はありませんか?


25年以上「袋分け」で家計管理を続け、毎月のように黒字を出したコツを、惜しみなくお伝えしますね!


このコツさえつかめば、あなたも「袋分け」でやりくりのコツをつかむことができますよ。お給料日にすること、まずは「千円札の用意」でしたね。


その次は、資金移動です。


あなたは毎月、銀行に何回足を運んでいますか?1回ですか?それとも2~3回?


引落になるお金を残して、あとは何となく下ろしてきて生活し、足りなくなったらATMでチョコチョコと下ろしていると、結局いくら使ったのかよくわからない。こんな状況になりませんか?


銀行に行く回数は


基本的には月に1度だけ。今までなんども下ろしていた人は、思い切って1ヶ月分の生活費を全部下ろしてきましょう。


あとは次の給料日までは、お金を下ろさない。

こう決めてみませんか?


足りなくなったら銀行に行けばいいんだ。こんな風に考えていると、なんとなく外食したり、疲れているからとお惣菜に頼ったり。計画的にお金が使えなくなっちゃうんですね。


クレジットで使った分のお金の入金も、将来必要になる貯金も、支払い目的のための貯金も。それぞれの目的別に口座を用意し、給料日に資金移動すませてしまえば、時間と手間も節約できますよ。


事前の準備が必要


これを軌道にのせるためには、計画的にお金を使えるようになることが大切。


家計の予算を立てて、給料明細をもらったら、前月の家計簿を集計して、翌月の予算を全部立ててしまいましょう。


収入-固定支出-先取貯金(未来貯金+目的別積立)-特別費=やりくり生活費


資金移動させるメモを作成して、いざ銀行へ。一か月のお金の流れをしっかりと把握して、大切な支払いも忘れないように、計画的に資金移動しましょうね。



できるだけ例外は作らない


特別なイベントがあるときでも例外は作らない方がいいいです。


今月は、遠くから親戚が遊びに来るから「特別にお金をおろそう」

こう考えた時点で、予算にない支出をすることになりますよね。


家計簿を集計するときになって、「あ~~、お金下ろして使っちゃったんだ」先取貯金を崩すことに。あとに残るのは罪悪感。


予定を立てて貯金したお金は、何があっても下ろさないと決めましょう。


お金を使うのなら気持ちよく


おもてなしをするのであれば、事前にきちんと予算を。月々の生活費のなかで「お楽しみ費」という費目を用意しておくのも一つの方法ですよ。


わが家は「いくら貯金」という費目があり、家族のイベントごとなど、ここから支出しています。月々の予算からではなくて、ポイントでお買い物した場合「いくら貯金」に入金しています。


きっちりした予算以外の費目が、ひとつあるだけで予算と気持ちにゆとりが持てますよ。



今日のまとめ


●給料日に「未来貯金」「目的別積立貯金」(通帳管理)は、即資金移動。

●生活費は、月に一度まとめて下ろす。


途中で行きたくなっても、ぐっと我慢しましょう!

家計の期間と予算を意識することが、黒字家計への近道です。



マンツーマンであなたをやりくり上手にする「家計に強くなるメールレッスン」は、こちらからどうぞ。




家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!