クレジットカードを使ったら。

クレジットカードを使って、家計簿に記録するタイミングは、いつですか?


袋分け家計簿歴25年。片付け家計であなたの悩みを解消する、家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


クレジットカードを使ったとき、家計簿に記録していますか?



そもそも家計簿をつけていないという方は、のぞいて。

家計簿に記録するタイミングによっては、クレジットカードは危険な存在になってしまうのです。クレジットカードを使いながら、お金の流れを整える工夫を今日はご紹介しますね。



請求が来たら家計簿に付けていませんか?


あなたはどのタイミングでクレジットカードの金額を家計簿に記入していますか?


クレジットカードの支払い月に予算化して家計簿に記帳していると、実は借金体質に一歩足を踏み入れている状態に。


カードで買い物をしたときはお金がないけれど、請求が来る頃にはお金が入るから大丈夫。この使い方が、借金体質なのです。


将来の収入をあてにした使いかたをしていると、カードの請求が多くて「家計が回らない」なんてことも起こりうるんですね。


そんなに買ったつもりはなかった。

支払ったと思ったものが、まだ引落になっていなかった。


カード会社によっては、利用日から支払い日までの日数が2ヶ月、3ヶ月と長いカードもありますよね。請求がきたらお金を用意するという、危険なサイクルから抜け出しませんか?


カードを使っても、カードに振り回されない生活をするには?


使ったその日に家計簿に記帳しましょう


カードを使ったその日に、現金で買い物したと同じように家計簿に記帳しましょう。支払いの資金は、使わないように別の袋によけて、まとめて銀行に戻すのです。


お財布の中に現金があっても、カードで支払います。その代金は、帰宅ご家計簿に記帳し専用の封筒に現金を移します。一ヶ月に一度、銀行の引落口座にクレジットカードの利用代金を預け入れすればOK。




こうすると、カードの請求がいくら届いても「お金」は準備できていますから、何も怖いことはありませんよね。


(※引落口座からお金をおろして使わないなど、通帳の整理も必要です)


買い物をする基準は、「現金があるか」もしくは「予算がある」かのどちらか。手元にあるやりくり生活費か、または通帳で管理している「使えるお金」の予算があるときにだけ、買いましょう。



クレジットカードの請求が怖いあなたに


ボーナスが入ったらボーナス払いで。とか、来月のお給料が入ったら、来月の給料から。というカードの使い方をしていると、いつまでも「もらう前のお金を使うクセ」が抜けないのです。


実はこのクセが厄介なもの。


クレジットカードの請求で、お金の流れが乱れてしまっている人は、一度リセットしませんか?未払いの請求分を一度にリセットできないのなら、毎月の生活費の予算の中から支払いましょう。


そしてこれから使うお金は、「今ある予算から」必ず使うこと。使ったお金はよけておくこと。間違っても使いこんじゃダメですよ~~~。


お金の流れが整えば、ココロもスッキリと軽くなります。一度整った流れを乱すことは、きっと心苦しいはず。


クレジットカードを上手に活用してポイントを貯めましょう。

自分の心にブレーキをかける自信がない方は、一度クレジットカードを封印してみるのも一つの方法ですね。


もっと詳しく知りたい方は、家計につよくなるメールレッスンでお伝えしています。








家計整理アドバイザー千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!