家計簿の「集計方法」公開します!

家計整理アドバイザーの丹羽志津子(にわしずこ)です。


家計簿をつけているけれど、効果が今一つ感じられない。

家計簿が続かない。家計簿をつけたいけれど、いつも挫折してしまう。


こんな悩みを抱えていませんか?

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した、効果的な家計簿のつけ方をお伝えしています。


これまでの記事は、こちらから読めますよ。


「家計簿の使い方」について

家計簿のつけ方「予算ページ」の書き方

家計簿のつけ方「雑費・医療費・お楽しみ費・交通費」など

家計簿のつけ方「食費のページ」


ここまで、一緒に家計簿に取り組んで頂けたでしょうか?


せっかく付けた家計簿、つけっぱなしではもったいないですからね。しっかりと集計しましょうね。


なんと!今月の我が家のリアルな支出を紹介しちゃいます。


袋分け家計簿を使って、どんな風にやりくりしているのかを、一緒に感じて頂けると嬉しいです。


まずは、雑費・医療費・お楽しみ費・交通費・美容費のページ。


今月の医療費は、予算を大きくオーバー。6100円もマイナスです。


「医療費の予算が12,000円しかないのに、袋のお金が足りなくなったときどうするの?」と素朴な疑問がわくと思いますが、そんな時に、違う袋から借りたくなるのが人情ですよね。


しかしながら、違う袋からお金を出しては、せっかく予算を「袋に分けた」意味がなくなります。


そこで「予備金庫」の出番。

予算を越えてしまった支出は、予備金庫から一時立て替えで借りておきます。

借りっぱなしではなく、家計簿を集計したときに他の予算が残れば、リセットします。


日々の支出を記録していくと、それぞれの予算が「あといくら使えるのか」が常に見えていることがお分かりですよね。予算が足りなくなれば、支出を控えようという意識が働きますよ。


医療費の場合は、節約できない部分でもありますが…。交通費も綺麗に使い切りました。


では、食費のページです。


食費の5週目は手をつけずに、終了。


それぞれの週の食費予算は、予算の中に納まるように、メニューを考えて「買い物メモ」を作成し買い出しに行きます。


米調味料嗜好品は、今月は予算をオーバー。予算がないのに「はちみつ大きいの買ってきてね」と家族からリクエストがあり購入。週の予算が少し余裕があったので、まあいいか。というちょっとだけ緩い支出の仕方です。


これらの支出を集計して、合計金額を出しますよ。



記入する欄は、予算のページの下に用意しています。


それぞれの生活費「現金袋分け」予算に対して、いくら使ったのか。差し引き残高が残れば、それを翌月の予算に「前月繰越」として加えて、翌月の予算を立てます。


わが家の11月の集計は3,771円の黒字。


いつもは10,000円近い金額が、翌月繰越に回せるのですが、今月は結構支出が多かったほうです。


こうして一か月のやりくり成果を、しっかりと検証するためにも「家計簿の集計」をしてくださいね。



片付け×家計管理×マインドワーク「心の整理」千歳・札幌「ラ・暮らし」

30年の住宅ローンを15年で繰上返済した経験と家計管理のメソッド。その技術を活かし「家計管理」の悩みを家計メールレッスンで解消!「部屋」と「お金の流れ」を整えて、お金と時間と心のゆとりを手にいれませんか? マインドワーク®で「潜在意識」を味方につけて、さらにあなたが望む本当の幸せで快適な暮らしを手にいれましょう。 「片付け」×「家計管理」×「マインドワーク®」で叶えたい未来の景色を手に!